忍者ブログ
2010年10月、http://torikotheater.net/に移転しました! 以後更新は致しません。
[PR]
2018/07/23(Mon) 20:27:38
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トラウマ?フラッシュバック?
2009/01/24(Sat) 10:04:13
さぁーて昨日のご馳走は牡蠣と海老と帆立のクリームシチューでした。

息子が産まれたときから、手書きの育児日記を付けていたのだが、あまりの忙しさに暫く手つかずで、今日久しぶりに付けてみた。
読み返すと、辛かったことや嬉しかった気持ちがありありと蘇って来て、不覚にも泣きそうになった。
まだ3ヶ月しか経ってないのに、妊娠中なんて遠い昔のようだ。

昼間、きっかけも何もないのに突然昔のことを思い出した。
しかもすごくどうでもいい、昔の話。
どんな話かっつうと、
高校生くらいの時、京都出身の30歳くらいの女性と話す機会があって(他にも7〜8人20大の男女がいたのですが)、初対面から「なーんかこの人に嫌われてんなあたし」と感じるものがあり、それでも「友人を作る」ということに前向きだったわたしは、必死で話しかけたり、愛想振りまいたりしてた訳ですよ。涙ぐましくも。
話の流れでお笑いの話になり、その京都女性曰く
「関西人はなぁ、ぼけたらつっこまんと済まされへんねん」
「関西人は普通の会話がおもろいねん」
っていうね。いいんだけどね。そう言う人でね。
で、当時、ダウンタウン全盛期ですよ。
ごっつええ感じに日本中の中高生が夢中だったときですよ。
「松本人志は最高やねん」
っていうのにはね、全面的に同意します。まっちゃん最高だしね。
で、「ジブン誰が好きなん?」って言われてね、板尾課長大好きだったんでね、「板尾が好き」つったらね、
「えー!あんなん全然おもんないやん!
 ジブンあれやろ?顔がええからやろ?」
って決めつけられたって話。

今でも思い出すと、当時の気持ちになれる。
たまにこういう系の人に出会うけど、どうしたいのかな?
学生時代にもクラスにいたなぁ、こういう「身内」感覚の強すぎる人々。
馬が合わないなぁ。
わたしと合わないだけだからいいのか(伊藤理佐的表現)
とか、もう10年以上昔のことをフレッシュに思い出してむかむか。
なのでリフレッシュに息子を肩車しましたとさ。
PR
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com