忍者ブログ
2010年10月、http://torikotheater.net/に移転しました! 以後更新は致しません。
[PR]
2017/11/20(Mon) 02:28:06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鬱鬱日記です。
でも吐き出してすっきりしたい。
見ないで、でも見て、という気持ちからどう進めばいいのかな。





子どもができると親の気持ちがわかる。
って言いますよね。慣用句的に。
まあ、確かに出産前の不安とか、
生活に気をつけるべきところとかの苦労を
実感を伴って偲ぶことはあるけど、
気持ちまではわかりません。
やっぱ、違う人間だから。
だから、嬉しそうに
「あんたも親の気持ちがわかるようになったのね」
とか言われるのは気持ちが悪いです。
妊娠してもしなくても今までだって、
わたしなりに感謝してるし、尊敬もしてます。
その辺は無視かーい。


育児とか、妊娠生活について芳しくなく
思い悩む日が多いのですが、
たまに巷で言われる
「昔は気にしてなかったんだから、今の考え方は過保護だ」っていうの、
確かに一理はあるけど、
昔それを放置して事故とか事件とかの良くないことが増えたから、
現在では「良くないこと」「避けること」になっていることも
あるのじゃないかと思うよ。
チャイルドシートが法令化されたのだってそういうことだしさ。


とか、そういうことを、反射でしっかり反論できずに
内々にしまい込んで後から「ああ言えば良かった」と
グチグチ思い悩む性質です。
そのグチグチこねくり回した気持ちを作品に昇華して来たのです。
胎教に良くないったら。
PR
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com