忍者ブログ
2010年10月、http://torikotheater.net/に移転しました! 以後更新は致しません。
[PR]
2017/10/23(Mon) 00:24:31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

息子のあだ名はむん
2009/01/13(Tue) 09:47:37
息子は半分くらいの割合でわたしから「むん」と呼ばれています。

泣き声はでかくなり、体もでかくなり、だいぶ笑うようにもなりました。
夕方から夜にかけて、4時間近く泣きっ放しの日も増えて、帰りの遅い夫を、息子と二人きりで待つ身の辛さと寒さが沁みます。
一人でお風呂に入れるのも、泣かれちゃうとしんどいよね。

8日にはでかい病院で息子のセカンドオピニオンをとってきました。
セカンドオピニオン代って・・・たけえのな!
でも、高いだけあった。やってよかった。
わたしと夫の方針は固まりました。
これから、特別な症状がでない限りは、見守る。
なにもしない。
それが最善。

9日は産院でベビーマッサージと産後ヨガの教室へ。
午前中だと思って行ったら午後からだったので、産院で時間を潰させていただく。
この教室で他のお母さんと友達に・・・!
という野望を持って行ったのですが、
見事に打ち砕かれました。
ワタシ・・・シャコウセイ・・・アマリナイ・・・。
会いたかった助産師さんに会えて嬉しかった。

11日は義母の誕生日。
一緒にランチをとってきました。
息子は店が暑すぎて泣き、肌着一枚にしてようやく落ち着きました。
うにビビンバがえらいうまさ。

12日には阿南夫妻とマリ嬢が。
マリ嬢は見る度にしっかりしてゆく。
大変そうで、楽しそうで、やっぱり大変そうで、楽しそう。
もう乳児じゃなく、幼児になってゆくんだなぁ、と。

今日は区の母親学級で知り合ったご近所ママ友が。
息子と同じ月齢くらいの子と戯れ合う。
ぐだぐだと愚痴ったり、笑ったり、これから、戦友となる人だ。

人生は日常の連続でどうということもないけれど、この薄く漂う、途切れることのない緊張感に押しつぶされそうになる。
しかしそれは幸福を孕んだふくよかな緊張感で、やはり人生はそんなに悪くない。

むんむん。
PR
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com